今すぐお問合せ下さい。
初回のご相談は無料です。
📞0467-84-2466

事例紹介 -相続手続きをしなかったために起きた悲劇ー

<事例紹介 -相続手続きをしなかったために起きた悲劇->

相続が発生しても、相続税申告が不要な場合には手続きに期限がありませんので、相続手続きをせずに放っておくケースがあります。
特に、父親が死亡して相続人が母親・子供の場合、いずれ来る母親の相続の際に手続きをすれば、不動産の名義変更などは1回分の費用を浮かすことができると考えるようです。
ところが、相続手続きを行わないうちに想定していない事態が起こることも少なくありません。

(例)
下記は父親が亡くなったあと、遺産分割をせずにいたところ、長男が亡くなってしまった事例です。(数次相続)
父親の相続人は母親・長男・二男でしたが、遺産分割をしないうちに長男が亡くなってしまったので、父親の遺産分割をする際には、長男の相続人である長男の妻・長男の子が当事者として加わる必要があります。
もともと長男の妻と母親・二男との折り合いがよくなくて、遺産分割協議でもめてしまう、というのはよくあるケースです。
もし、父親が亡くなった際にすぐ手続きをしていれば、父親名義の自宅を母親が相続することで遺産分割協議が簡単に整っていた場合も少なくありません。
このように、遺産分割を先延ばしにしていると、想定していなかった人が当事者として登場してくることになりますので、相続手続きに期限がなくとも、速やかに手続きをするようにしましょう。
また、こうすることが、今社会問題となっている空き家問題の解決に結びついていきます。