今すぐお問合せ下さい。
初回のご相談は無料です。

📞0467-84-2466

本日は、親族法で重要な最高裁判決が2つ出ました。

一つは「夫婦同姓規定」について。これは合憲でしたね。
夫婦別姓を認めない民法の規定(750条)は違憲じゃないかと問われたものですが、
日本においては戸籍制度で色々と整備されている以上、私は妥当な判断ではないかと思います。
夫婦別姓の戸籍を作るのかとか、生まれてくる子供の姓はどうするのかとか、色々と問題がありますからね。
もし、違憲と判断されて、戸籍から何から検討し直すとなると、もうめちゃくちゃになりそうですよね。
ただ、これは、あくまでも私見ですが、
今後、マイナンバー制度が順調に適応されて、
個人の情報が全て番号で管理されるような時代になるとしたら、
番号だけで、その人のルーツまでわかる時代が来るかもしれません。
そうなったら、戸籍制度自体無くなってしまい、
夫婦別姓というか、家族というより、個人が重要視される時代が来るかもしれませんよね。

そして、もう一つは「女性の再婚禁止期間6か月規定」について。これは違憲になりました。
ある意味当然の結果だと思います。

民法772条で、次の通り規定されています。
「妻が婚姻中に懐胎した子は夫の子と推定する。(第1項)
婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。(第2項」

つまり、再婚禁止期間は100日とすれば、それ以外の期間は772条で夫の子と推定されるので、6か月まで再婚禁止期間を設ける合理的な理由がありません。
違憲判決を経て、直ちに100日経過後の再婚を認めるとしているのも、妥当な判断だと思います。

今日は、重要な最高裁判決が2つも出て、今後覚えておかなければならないことなので、備忘録の意味で書いてみました。
時代はどんどん変わっていきますね。

開港記念1

**********************************
<近日開催の相続・遺言無料セミナー&個別相談会予定>
★☆事前予約制☆★
〇「知らないと損する!相続/遺言/後見」~事例と対策~
日時:1月24日(日)会場:茅ヶ崎市勤労市民会館3階CD会議室
10時~11時15分 セミナー
11時45分~  個別相談会
※相談会のみのご参加でも構いません。
〇個別無料相談会
日時:1月30日(土)
9時15分~ 個別無料相談会のみ
会場:茅ヶ崎市勤労市民会館 3階C会議室
※会場へのお問合せはご遠慮ください。
すべて事前予約制になっております。
湘南なぎさ合同事務所までお気軽にご連絡ください!
ご予約&お問い合わせは 0467-84-2466まで
メールの場合は→sn@shonan-nagisa.net へ
*********************************

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です